実は私は 16巻




白馬の王子を待ち続けてウン十年…紅本先生のもとについに待ち人来たる!?連続で友人の結婚式に呼ばれて悪鬼となってしまった紅本先生が体育祭で大暴走!これを止められるのは中学時代から想い慕ってきたさくらさんしかいない!そして吸血鬼としての純度が上がってしまい朝陽の血を吸う衝動が頻発する白神さんに対して茜のしたアドバイスは…定期的に吸う事!?吸血は性行為と同意と以前茜から聞いた白神さんは戸惑います。

前回登場して白神さんに猛烈にアプローチしてきた吸血鬼ハンターの閃くんは朝陽の妹、鳴と同級生ということでそこから話が別の展開に…別に仲が悪いわけではありませんが年頃になると昔のように遊ばなくなった妹、だれと付き合おうと関係ないと思う朝陽ですが心とは裏腹に鳴と同じクラスの桃地と水奈川さんに鳴と閃の関係を聞こうとします。心配しているお兄さんと普段はしっかり者だけど兄に対してはつっけんどんな態度をしている鳴の様子を聞いてホクホクする2人でした(笑)

特売品を求めてスーパーへやってきた藍沢さんと獅穂、そこは修羅の語源とされる主婦(嘘)が集まる戦場だった!みかんとも共同戦線を張って特売品を手に入れようとしますが…獅穂の痴女力でも敵わない主婦の争いに終止符を打ったのはやはりあの悪鬼でした。今巻は紅本先生の回と言っても良さそうですね。オチ要員というか(笑)

嶋に振られた事が傷跡になっている獅穂は東洋太平洋痴女チャンピオンになっても満たされません。そこで嶋を振り向かせようと痴女っぷりを見せつけますが…図らずとも未来通りのシナリオに向かっている気がします(笑)毒蛇のアンナさんも本編初登場でしたっけ?

体育祭では紅本先生に勝ったら告白するとさくらさんが宣言します。そのためにみんなも一丸になって協力しますが婚活衝動に目覚めた紅本先生にみんな歯が立ちません。修羅と化した紅本先生を正気に戻したのはさくらさんの紅本先生への想いでした。以前から昔は恐かった雰囲気だったさくらさんですがその過去も明かされましたね。今のオカマ口調のようになったのもかつての自分を隠すためでそのきっかけをくれたのが紅本先生でした。入学したら朝陽たちとも出会いますがそこで嶋の意外な事実も…まぁ、普通に退学してもおかしくないですし留年しても驚きませんけどね。(笑)

そして本誌で実現した「実は私は」と「吸血鬼すぐ死ぬ」の吸血鬼コラボ漫画も掲載!そういえば同じ雑誌なのに吸血鬼のギャグ漫画が被ってますね(笑)微妙に違う吸血鬼設定のためドラルクが一応ハーレム主人公の朝陽の血を吸ってモテたいと思うも白神さんの中では血を吸うことは性行為と同じなので変態扱いされます。最弱主人公なので変態おじさんと言われただけで灰になっちゃいますけど(笑)ちなみに朝陽は週チャン一のモテ男のようですね。本誌は読んでないですがラブコメは少な目なんですかね。

そして帯には舞台化の文字が!チャンピオンで舞台化というと弱虫ペダルだと思いますがこちらは登場人物は女性が多いわけで…どの辺の客層を狙っているのでしょうか。変なコスプレ大会みたいにならないといいですね。それよりもアニメの2期の方を…


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment