モビルスーツ全集 8 ネオ・ジオン製モビルスーツBOOK


 
 
忘れた頃に発売されるモビルスーツ全集の8巻目です(笑)今回はグリプス戦役で第3勢力として登場したアクシズ(後のネオ・ジオン)のMSから第一次、二次ネオ・ジオン抗争、ラプラス戦争時辺りに登場したMSが紹介されています。
 
アクシズといえばキュベレイとガザCが主力MSで当時は深く考えていませんでしたがガザCが作業用MSを改良して生産したり、そんなMSを作らざるを得なかった状況などを後で知るとより一層ガンダムの世界が広がりますね。マラサイやネモなどと比較すると性能は若干劣るようですが可変機構を有していてさらに主武装のナックルバスターは威力だけなら当時の兵装のトップクラスということで遠距離からの一斉射撃という戦い方で性能差を補う用兵でした。ギレンの野望で登場した時は最強量産型MSの一つでしたけどね(笑)
 
ZZの頃になるとだいぶ余裕が出てきたの試作MSも投入せざるをえない状況だったのか様々なMSが登場します。この頃はいわゆる恐竜的進化を遂げた第三、第四世代MSが登場して単機で圧倒的な火力を有するMSが開発されていきます。その評価はともかく見た目的には格好いいMSが多かったですけどね。UCで色々登場したのは嬉しかったです(笑)
 
作品の方向性が違ったりするため登場するMSも変わっていってしまうのですがそれを色々と設定をつけて何とか整合性を保っているのが素晴らしいですね(笑)ここまで来ると次が何の特集が予想もつかないのですがF91シリーズやVガンダムとかもやったりするんですかね~
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment