機動戦士ガンダム サンダーボルト 4巻


 
アッガイ、大地に立つ(笑)
 
ダリルとイオの決着はつきましたが1年戦争はまだ終わらず最終決戦のア・バオア・クーに突入します。ジムやボールで露払いをしながらガンダムヘッドタイプで要塞内部へ突入します。ダリル達は回収したガンダムやサイコ・ザクのデータを持って脱出し、ア・バオア・クーは陥落、終戦となります。ジオン公国は連邦と和平を結んでジオン共和国となりましたがそれに反発するジオン兵は軍門に下らずに徹底抗戦の構えを見せます。さらに激戦の最中にサイコ・デバイスの研究者を回収した南洋同盟は連邦から脱退、独自に軍備を拡張しようとしています。ダリル達はジオン再興のため、連邦は1年戦争の悪夢を蘇らせないために南洋同盟の領域に潜入してサイコ・デバイスの回収、破壊作戦を始めます。終戦の束の間、三つ巴の戦いが始まろうとしています。
 
ある程度の流れは一緒ですがそこから独自のストーリーになってます。ガンダムヘッドはショーンの時に登場したタイプと同じですね。なぜか地上用のザクキャノンやグフもア・バオア・クーで応戦してましたけどその辺はあまり気にしてはダメですかね(笑)サイコミュ試験用高機動型ザクに乗っていたビリー少尉と部下のセバスチャンがダリル達とアッガイ部隊で合流したんですね~本誌ではサラっと流してしまったのでアッガイの時が初登場かと思いました。
 
イオはガンダムを撃墜され捕虜とされていましたがジオン軍の撤退のドサクサに仲間を助けて脱出、その後は冷や飯を食わされていましたが南洋同盟の作戦時に呼び戻されます。新型ガンダムはまだ少ししか登場していないので性能は未知数です。こちらもジムでビグロを撃墜したりと活躍していた女性パイロットが作戦に組み込まれていましたね。南洋同盟が負傷兵を回収していた時にクローディアの姿もありましたがその後どうなったのか…戦死扱いになっていますが今後イオと対峙することになりそうです。
 
隠密作戦ということでアッガイの活躍が見られます(笑)本当アッガイは時を経て日の目を浴びることができた代表的なMSですよね。サンダーボルトだとガンタンクも格好良くなってます。宇宙ではサブアームが付いているアレンジがありましたけど地上ではまたどんなMSが登場するか楽しみですね。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment