少年ラケット 4巻




部内でのレギュラー決定戦で城島に勝利して団体戦レギュラーとなったイチロー。迎える初の対外練習試合は地区1番のライバルである桃田西中!イロモノ揃いで一筋縄では行かないようなライバル校との練習試合が幕を開けます。

今回イチローの出番はあまりなくて表紙の通り轟木と桃田西中のエースで毎回地区優勝する魔法使いかぶれのハリーの戦いがメインとなります。2巻連続で表紙が飾れなかったイチローはいじけてますが本編では苦戦する轟木に反撃のきっかけを与えるアドバイスをしたりします。

他のメンバーは大和以外のメンバー全員が何かしらにかぶれていて犯罪スレスレで相手チームの情報を収集して分析するホームズ、同じくスレスレの調査でホームズをサポートするルパン、西部劇かぶれのビリー、忍者かぶれのふうまなど確かにイロモノメンバーですね(笑)

試合の合間には轟木がなぜ義手になったのか、ボクシングから卓球への転向のエピソードも語られます。ボクシング経験者である轟木は紫王館との練習試合ではBチームとはいえ勝利していてホームズ曰くフィジカルならヒロやハリー、紫王館のSランクの面々にも匹敵する力を持つと言わしめます。相手を直接殴るのとネット越しで打ちあうという違いはありますがスイングやステップなど共通する部分も多いようですね。ボクシング選手が卓球から転向した人が多いというのは驚きでした。

イチローが轟木の試合を見てふと気づいたことを伝えると速攻型としてのスタイルを確立して見事戦況を一変させます。2セット取ってリーチとなりますがこのまま押し切れるか!という所で続きます。魔法使いの異名を持つハリーもこのまま終わらなそうです。

おまけ漫画ではお留守番の女子卓球部が描かれます。イチローと同じクラスのわっこは愛に付き合って卓球部の練習を手伝いますが今後入部しそうな感じですね。女子の出番は少な目なので今後もおまけなどで登場させてほしいです。授業中は眼鏡の橋立さん、可愛いです。

試合の趨勢はヒロは圧勝でしょうしダブルスはホームズ、ルパンが勝って轟木とハリー、キャプテンと大和はどちらに転ぶかわかりませんがイチローとビリーの戦いで決着がつくという流れになりそうです。ビリーのラケットは正直どうかと思いますが実際にあったものみたいですね。イチローぐらいの年頃にはそれがかっこよく見えて憧れる部分があるようです(笑)

少年ラケット 4 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2016-04-08)
売り上げランキング: 13,752

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment