鋼鉄奇士シュヴァリオン 3巻


 
 
最期の敵を倒しても元の姿に戻ることができなくなったレッドこと烈人。彼を人間の姿に戻すためにかつての仲間たちが集結して儀式を行いますが現れたのはレッドの姿のままガリガリになった烈人でした。力を有り余して器物破損をする心配はなくなりましたが…
 
補助マシーンはX-MENのプロフェッサーみたいな人が乗っていれば様になりますがヒーローの姿をしたレッドではお前が介助されるのかというツッコミが入りそうですね(笑)蒼太には好評でしたが彼の美的センスはよくわかりません。でもそのおかげで烈人も少し乗る気になって前向きになりました。1日で壊してしまってドン・ミレニアムは真っ青でしたけど(笑)
 
町のはずれでは謎の大穴が空いて調査をする烈人達。地底にあった兵器はデス・ユニバースが残したものだと判明します。蒼太、黄梨、ときわがその兵器の破壊に行きますが途中で起動し始めます。一方調査中に熱を出して倒れた烈人はなぜか体が巨大化して…というところで4巻へ続きます。
 
戦隊モノから巨大変身ヒーローへ転身するんでしょうか(笑)ますます人間の姿へ戻るのは遠くなりましたがほのぼのとした日常から急展開になりそうです。倒れた烈人を心配するさくらが可愛かったですね。ときわは空気が読めるできる子です(笑)おまけ4コマでは烈人に海に誘われて喜んだりと最近は素直になってきました。
 
蒼太はおまけ4コマでイケメンモデルなのに彼女がいないことで同性愛疑惑が出てましたがヒーローオタクで女性よりもヒーローの方が好きみたいです。さくらを巡って三角関係になるかと思いましたけどそんなことはなさそうですね(笑)
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment