ガールメイキル 3巻


 
 
芽衣達の組織で麻薬の管理人チャンや売人が立て続けに殺され桂は独断で犯人を捜索します。犯人と思しき少年を追い詰めますが桂も怪我を負って逃げられてしまいます。どうやら少年は芽衣を探しているようですがその正体は芽衣の生き別れた弟なのか…芽衣は八雲からの命令で一時身を隠すよう言われます。五本木への想いが日に日に大きくなっていく芽衣は彼に会うためにこっそり抜け出しますがその後ろに怪しい影が…
 
馬目さんの子供が嫌いという理由が殺し屋の少年の登場で明らかになりましたね。五本木に何となく肩入れしてしまう理由も…より安全なアジトに移動する矢先に馬目さんの前に少年が現れます。それはお互いに忘れられない相手の久しぶりの再会となります。
 
芽衣は完全に恋する少女となってしまいますがその分殺し屋としての能力は低下してますね。潜伏先の掃除屋の家は予想外に家庭的な家で妻と娘の鈴子がいます。恋バナに花を咲かせる鈴子ですが同じ年頃の女の子との話で芽衣も五本木への気持ちが強くなっていきます。それが危険に繋がっていくのですが…
 
五本木は自分なりに芽衣の弟について調べようと思いますが情報を知っている医者と風俗へ行った時に司の妻、律を見つけて…と4巻に続きます。芽衣の弟、羅衣も少し登場しますが麻薬を憎んでいた幼少期とは打って変って敵対組織の殺し屋として働いているようです。芽衣の事も良く思っていないようですがその真意はどうなんでしょうか。そして司が死んでから会えず終いだった律との意外な場所での再会に五本木は何を思うのでしょうか。
 
何と4巻で完結ということで芽衣と五本木の関係がどうなるのか気になりますね。殺し屋稼業から足を洗って何気ない日常を2人で過ごす…なんてハッピーエンドが迎えられればいいんですけど…
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment