放課後アサルト×ガールズ 1巻




平穏な高校生活を過ごしていたアヤコのもとに突如現れた狐の女の子と魔法のコンパクト、これってもしかして魔法少女になるチャンス!?気がついたらアヤコと同じクラスの40人は異世界に飛ばされてイヨガミと呼ばれるゾンビに襲われて…奴らに対抗するには兵科を選んで少女兵士となって戦うしかない!元の世界に戻るため突撃兵、工兵、偵察兵、衛生兵になって戦いに身を投じていきます。「少女政府 ベルガモット・ドミニオンズ」の高田慎一郎先生が描く魔法ではなく第二次世界大戦時の装備で戦う少女達のレジスタンス・ストーリー!

少女が異世界へ引き込まれる展開は前回と同じですが今回は魔法ではなく銃を取って戦います。世界の雰囲気がFPS系のゲームみたいなノリですね。正規兵として契約した者は端末によって訓練を受けてなくても最低限の知識がインストールされるため武器の扱い方も分かります。撃たれれば当然死にますが正規兵にはシールドがあって多少は防いでくれたり、突撃兵は2回までは死んでも再出撃できるなどゲーム要素も多いですね。死ぬときは死にますが意外とノリは軽いです。

アヤコ達の前に現れたコマンダーのサキは同じ制服を着ているアヤコ達が士官学校の生徒かと思って連れて来たり、重要な情報を後出ししてきたりと偉そうに指揮するわりには抜けてますね(笑)すでに信頼度はあまり高くありません。

アヤコの友人ハルカやマチは工兵や偵察兵となって一緒に戦いますが数名は戦う事を拒否して逃げ出します。イヨガミに襲われそうになった所をアヤコ達が助けに行く所で2巻へ続きます。敵はアヤコ達がいる地球を侵略しにきた別の次元の地球人でサキ達と争っているようですね。地図上や装備を見るとアメリカとドイツの戦い、つまり第二次世界大戦がモデルとなってます。戦車避けをハルカが出したりしてましたが後々戦車も登場したりするんでしょうか。そうするとアメリカ側は恐怖ですね。

戦闘を拒んでいた中にいたキヨミは裏表紙で衛生兵になってますけどその活躍は2巻以降となりそうですね。前作では11人の各国の少女が登場しましたがそれでもあまり出番がなかったキャラもいただけに今回40人もいてちょっと不安ですね。メインになるのはアヤコ以外に5人くらいだと思いますのであとはモブとしての参戦かもしれませんけど。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment