ねこのこはな 2巻


 
 
売れないSF作家あっちゃんと一緒に暮らす猫のこはな、不思議な住人が多く住まう星雲荘で巻き起こるただの日常を描きます。
 
表紙からすでに可愛すぎるこはなですが本編でもやっぱり可愛いですね~ちなみにセーラー服のように見えるのは毛のようで季節が変わると生え変わって夏服仕様となります(笑)
 
新しい登場人物にはあっちゃんの友人、八神くんが登場しました。こはなとも知り合いのようでよく懐いています。仕事を辞めて無職なためよくあっちゃんのアパートに入り浸ります。そしてコスプレ好きの管理人さんに衝撃の事実が…年齢については触れてはいけない雰囲気でしたがまさか結婚していたとは…マグロ漁船の猟師さんである旦那さんが1年ぶりに帰ってきます。パワフル過ぎる旦那さんですが管理人さんにはまったく頭が上がらないようですね。八神くんは管理人さんに気がありそうな感じでしたがあの旦那さんを見たらショックを受けそうです。意外と一緒に漁船に乗ったりして(笑)
 
住人達も健在でどこぞの国の王女様はこはな達の歓迎会をしてくれます。家来で明らかにクマなクマルさんが振舞う料理は自炊男子のあっちゃんも舌を巻きます。礼儀作法や好き嫌いに意外とうるさいクマルさんが笑えます。
 
眠くてウトウトしたり、カリカリを頬張る姿が本当可愛いんですよね~初連載が立ち消えになって落ち込むあっちゃんもこはなの無邪気な姿を見て元気を取り戻しますしいい癒しになってますね。こんな猫欲しい…
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment