シェイファー・ハウンド 戦車と知られざる女性部隊 4巻


 
 
 
修理中のティーゲルにイギリス特殊部隊、S.A.S所属の人殺し集団アシッド・オウルが迫る!
 
米軍の特殊部隊、グレイ・オックスを退けたユート達でしたが自軍の損耗も激しくティーゲルは修理のため工場へ輸送されます。ティーゲル搭乗員のユゥカ、アーケ、マリーは一足先に工場へ向かいますがそこへ極秘潜入したS.A.Sが襲い掛かります。突然の奇襲に次々と友軍はやられてユゥカ達は工場内にあった4号戦車で出撃して善戦しますが…
 
久しぶりに漫画を読んで暗い気持ちになりました…もちろん他にも死人が出る漫画を読んでいるのですがついさっきまで明るく戦車の説明をしていた彼女たちが見るも無残な姿になっているのはさすがに重いです…特にユゥカは補充兵として来たばかりだったのに…そして補充兵としてまた可愛い女の子達が登場するのですがまたいつ戦死してしまうのかと思うと素直に喜べません。命を重んじる理想を持つユートですら復讐の念に囚われてしまうのも無理ないですね。
 
しかし、復讐を誓うユートをカナは認めるどころか戦争ではなくただの人殺しだと一蹴します。そして仲間を嬲り殺しにしたS.A.Sにも本当の戦争を教えてやるとカナは宣言します。
 
表紙のアミラがS.A.Sの隊長なのですがこちらも女性部隊です。アミラはお嬢様と呼ばれているので貴族なんですかね。今回の作戦も犬狩りと称して楽しんでいます。復讐によって人殺しをしようとするユート、楽しんで人殺しをするアシッド・オウル、どちらもカナに言わせればアマチュアで彼女にとってみればS.A.Sも素人とこき下ろします。その言葉にユートは自分を取り戻しつつも答えは見つからないまま消耗品として戦う部下達に命令を下すのでした。
 
アシッド・オウルとの戦いは次になりそうですね。ユートではないですが死んだ仲間の仇を討ってほしいものです。おまけのシェイファー学園4コマは本編とのギャップもあって癒されます(笑)
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment