火ノ丸相撲 9巻




団体戦優勝の余韻に浸る間もなくお互いがライバル同士となる個人戦へ!団体戦で右腕を痛めた潮はそれを隠して出場、國崎を破って次は小関との対決になります。これまで初めてできた後輩であり、国宝と呼ばれる才能を持った潮を上に見ていた小関ですが1人のライバルとして最初で最後の公式戦直接対決で金星を上げようと意気込みます。果たして個人戦の行方は…大会が終わり新メンバーも加入する第9巻!

潮にとっても小関は尊敬する先輩でありライバルだと思っていてどこか遠慮がちな小関にもっと張り合ってきて欲しいと柴木山の出稽古時に漏らしています。高校でも誰にも理解されずに孤独な稽古が始まると思っていたらタイプは違えど相撲を愛する心を持つ同志と出会えた潮は小関が初めて真剣に自分を倒しに来たことを嬉しく思うのでした。國崎との試合は1話でしたがこの2人の関係は特別なだけあって3週に渡って対戦を描いてましたね。

一方、団体戦で金盛をあと一歩まで追い詰めたユーマは個人戦ではあっさり金盛に負けてしまいます。手の内が読まれているのもありますがどこか迷いのある表情で…そんなこんなで個人戦が終わりますが3位には意外な人物が(笑)間宮くんを倒したことは評価できますが組み合わせの妙もあったようです。そうすると真田は潮に負けたんですかね。

そして大会が終わると全国大会が決まった事を全校が知っていて大騒ぎに。アマレスの先生と部員が動画をネットで上げて周知していてくれたようです。そして新マネージャーとして堀 千鶴子が入部してくれます。それを聞いたレイナはいつも練習や試合を見に来ていた自分を差し置いて!と流れでマネージャーとなってしまいます(笑)一気に男臭い相撲部が華やかになりましたね。堀ちゃんはどうも潮が気になっているようですがその辺はまだ全然分かりませんね。

相撲の楽しさを知るごとにこれまで小関にしてきた仕打ちに対して贖罪の気持ちも同時に強くなっていくユーマは小関とのペア特訓では精彩を欠きます。小関にその気持ちを思わず吐露してしまいますが小関にとっては全て終わっていた話でした。相撲をしていなければ会話することもなかったユーマと同じ目標を持って相撲を取るなんて思いもよらなかった小関はユーマの別の一面も見れて可笑しい部分もあり、思い悩むユーマを見て初めの頃のように楽しく相撲を取って欲しいと願うのでした。

全国へ行く前に潮は小学生時代に憧れた天王寺にどう勝つかということをビデオで桐仁と共に再確認します…が見れば見るほど勝てる気がせず前に進んでいるはずなのに見えるのは頂点への険しさばかりという絶望感に襲われます。そんな時、柴木山親方から7月場所直前の合同稽古にダチ高も出稽古に誘ってくれます。渡りに船と名古屋へ向かう潮達が待ちうけていたものは…という感じで10巻へ続きます。

番外編では咲ちゃんに試合を解説してもらっているレイナが描かれます。咲ちゃんとの出会いもマネージャーに興味を持たせる一因となりましたね。試合の撮影技術はまだまだですが…(笑)まぁ、固定されてませんし仕方ありませんけど。ユーマは再び空手の師匠に教えを請いに行きますがおまけ漫画で酔っぱらってる師匠の姿は子持ちの母ながら可愛いですね。本誌ではついにその天王寺のご尊顔が登場したわけですが9巻で後ろ姿が結構はっきり出ていたのでこの頃にはキャラのイメージが決まっていたんでしょうか。

大関を兄に持つ日景典馬との対決や相撲部屋での出稽古など次の巻での展開も熱そうです。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment