なづなのお願いっ! ラグビー部女子マネ革命 1巻


 
 
高校1年生のなづなは数学のテストで赤点だったため大場先生に呼び出されます。何とかしてほしいと無垢な瞳で見つめられた大場先生は救済措置を思いつきます。それは大場先生が顧問をしているラグビー部のマネージャーとなることでした…
 
ラグビー大好き少女がマネージャーに…というわけではなくまったくの素人ですが赤点の救済としてというのにいきなり驚きましたが彼女自身人のために尽くすことが好きなようでさらにその澄んだ瞳で他の人も巻き込む力を持っています。それに目を付けた大場先生が現在は部員も足りない弱小チームと化したラグビー部をかつては強豪だったラグビー部への再建のためになづなに白羽の矢を立てます。
 
簡単に言ってしまえば野郎ばっかりのラグビー部が女子マネの登場によりいい所を見せようとして頑張るというストーリーです(笑)なづなは普通のことを言っているつもりなのですが女子に免疫のないラグビー部員は握手したりするだけで大興奮してしまいます。それは他校も同じようで全国レベルのチームでもなづなを見て羨ましがるのでした。でもなづなは結構思った事をズバズバ言うので意外に毒舌だと思われちゃってますよね(笑)確かに正論ではありますしまっすぐに見つめられるとつい言う事を聞いてしまいます。
 
とはいえ突然強くなるわけでもありませんのでいきなり強豪校との練習試合ではなづなの応援むなしく圧倒的に押されてしまいます。ハーフタイムで悔し涙を見せるなづなを見て部員たちも息を吹き返し雰囲気で2巻へと続きます。
 
ラグビーは15人なのでメンバーを覚えるのが大変かと思いきやメインはフォワードの飯田、バックスの速水、主将の後藤であとはモブ的な感じですかね。大場先生も美人でスタイルのいい女教師なんですが部員たちを奮い立たせるまでにはいかなかったみたいです。常にハッパをかけてはいましたが部員たちも慣れっこで揺れる胸を見るのが日課になってます(笑)いくら美人でも先生ですからやはり憧れという感じだったのですがそこになづなという1年生マネが入ってきてより身近な存在として張り切るようになりました。さすがにここまで効果があるかわかりませんけど確かに女子が見ているということで頑張れる部活時代がありました(笑)
 
他の作品は見たことないのですが「ビーチスターズ」や「天然格闘少女ちひろちゃん」を描いてましたよね。現在「これからコンバット!」も連載していてアクション+女の子が得意な感じですね。サバゲーの漫画はちょっと気になってます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment