火ノ丸相撲 1巻


 
 
弱小の大太刀高校相撲部に現れた1年生、潮火ノ丸。巨体であればあるほど有利なこの競技にひと際小さい火ノ丸は実はとんでもない過去を持つ男だった!?高校相撲界を制し、大相撲で頂点の横綱を目指すというとんでもない目標を持つ男、火ノ丸の戦いが開幕する!
 
久々にジャンプを読んで熱くなれる作品に出会えた気がします。最近は新連載が始まっても読まないことが多いのですがこの漫画の連載が始まった時は読まずにはいられませんでした。
 
火ノ丸は序盤からすでに県内トップクラスの高校相手に勝ったりするのでいわゆる初心者が徐々に強くなっていくというタイプのスポーツ漫画ではなく、小学生相撲で無敵を誇るという天才型のタイプになるのかもしれません。ただ、中学時代は身長が伸びずに体格に勝る相手に負けて無名に終わるという過去を持っています。それでも腐らずに体格で劣るなら人の3倍練習をして体で負けても心と技で勝つと3年間鍛え続けて高校から再スタートを切ります。
 
大体の格闘技は体格差がハンデとなるので体重別になっていたりしますが相撲ではそんなことは関係ありません。そんな中新弟子基準にも満たない身長でありながらそれなら高校相撲界を制して向こうから請われて入ってやるというとんでもない野望とそれに対して常に精進する火ノ丸がかっこいいです。相撲部というくらいですから当然美人マネージャーもいません(笑)今の所熱狂的相撲好きな記者のお姉さんと本誌で登場している副生徒会長くらいでしょうか。でもそんな女性キャラなんて必要ないくらい面白いのです。
 
部員が部長と元ヤンキーのユーマが入って何とか団体戦に出れましたけど2人とも3年なんで2人が引退した後にどうなるかですよね。本誌の方ではレスリング部と異種格闘技戦なんかもやっていますがこうやって同じ高校内でなぜか超高校級の選手が何人も出てきたりするんでしょうか(笑)あまりインフレはしないで欲しいですがある程度完成された火ノ丸が再度壁にぶち当たるのがいつになるか楽しみです。
 
描き下ろしには火ノ丸がユーマにまわしの付け方を教えますがその様子をうかがう怪しい影が…(笑)おまけページの追加エピソードも面白いですね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment