機動戦士ガンダム 0083 REBELLION 3巻


 
 
チョバムアーマーを排して1号機の真の姿が現れる! 夏元先生による0083のコミカライズです。原作に沿いながらアニメでは描かれなかった部分や追加シーンが多く描かれます。
 
2号機奪取に成功したガトーを追跡するためバニング大尉らと行動を共にするコウ。先行したカレント小隊がコムサイを捕捉しますが気取られて交戦状態となります。さらにそこに連邦軍特務部隊がガトーに襲い掛かるのでした。
 
近くの友軍に救援を求めたらすでに特務部隊が動いていたことをいぶかしむシナプス艦長でしたがここにシーマが絡んでいました。アニメでは登場が5話からでしたが戦後も海賊として宇宙を放浪していたのですから連邦ともパイプができていても不思議ではないですね。そして3巻の最期ではアリス・ミラー少佐が…彼女がどうやって関わってくるのか楽しみですね。
 
MS戦ではMSVのナイトシーカーが!「ジョニーライデンの帰還」でヤザンが乗っていた機体はグリプス戦役後なのでジムⅢ辺りをベースにしていたと思いますがこちらは戦後間もないですから初期型ですよね。戦後とはいえカスタムタイプなのでまだまだ現役なのでしょうか。ガトーの2号機の前ではカレント小隊共々やられてしまいましたが…
 
アニメではドムのバズでコクピットを撃ち抜かれたアレン中尉でしたがこちらでは生存ルートのようです。そうなると今後どうなるんでしょうね。怪我もバニングほどではなさそうですしアルビオン隊に編入されちゃったりするのでしょうか。キンバライト基地での戦闘でベイト・アデルの小隊に入って…なんて妄想するのも楽しいです(笑)
 
描き下ろしにはMS戦記に登場したマット中尉の後日談が描かれます。ネット上ではすこぶる評判の悪いマット中尉ですがガンダムレガシーでも描かれたように軍人は退役しています。そういえばモルモット部隊の発案者もコーウェン中将でしたね。今回のガンダム開発計画にも協力を要請しようとノエルを派遣しますが戦争をなくすために自分が何をすべきかを問うマットの気持ちを汲んで帰っていきます。
 
0083以外の登場キャラクターも登場してますね。ガンダムレガシーではティターンズにフォルドやエイガーが入隊してますからその辺のキャラも登場しそうですね。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment