マジカルロリポップ


 
 
「帰宅部活動記録」と同時期に連載されていたくろは先生の魔法少女漫画です。当然普通の魔法少女ものではありません(笑)帰宅部~の方が連載時に評判がよかったためそちらに集中するために休載、再開を経て帰宅部~が最終巻となった時に1冊分にできるほどだったので同時発売となったそうです。
 
中学生となったいちごは帰宅途中に不思議な生き物ねこざらしと出会います。そして突然いちごに向かって魔法少女になって!とお願いしてくるのでした。どっかのQベーのように怪しさ満載ですが願いを叶えるとかではなくて26世紀から現代に来てしまった自分を返してほしいということでした。小学生まではガッツリ魔法少女アニメにハマって今でもアニメの公式サイトを見たりと未練タラタラないちごは何だかんだで魔法少女となることを決意します。
 
最近は当たり前となってる仲間の魔法少女も幼馴染のアスカやクラスメートのステラ、転校生の陽花を脅迫 勧誘して4人となります。いちごはいざ変身したらノリノリで技や変身の時の掛け声なんかもガンガンつけてましたけどアスカはあまり気がのらないみたいですね。ステラは意外といちごと気が合って同じように色々と叫んでます。陽花は転校してきたばかりで寂しかったのか案外簡単に引き受けてくれました。ほとんど魔法少女の活躍は描かれませんでしたけどね(笑)変身シーンはかなりのコマ数使ってましたけど。
 
実は帰宅部~と世界がリンクしていてステラの先輩に夏希の弟、ロイドがいて夏希とも遊んでいたようです。いちごは萩調流の四天王、大牙がいちごの母親に世話になっていてそれ以来妹のように可愛がっていたようです。いちごは兄のように思っていなかったようですが(笑)
 
帰宅部が終わってこっちが再開…という流れでもよかったと思いますけど休載を挟んだりしたので区切りをつけてということなんですかね。変身した時の格好が魔法少女やらセーラー戦士やらの衣装っぽいのですがその辺は大丈夫なんでしょうか(笑)帰宅部の方でも書きましたが新作でまた笑える作品を楽しみにしてます。
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment